• ホーム
  • 緑内障の薬ルミガンでまつ毛が伸びるのはなぜ?

緑内障の薬ルミガンでまつ毛が伸びるのはなぜ?

顔を洗っている女性

近年女性たちの間で話題に上ることの多いまつ育ケア、エクステンションや付けまつげなどでごまかすのではなく、医薬品の育毛剤を使ってまつ毛そのものを成長させ目力をアップさせたいと考える方が増えているようです。
その際に使われる育毛剤の中でも一番人気と言えばルミガンですが、この医薬品は緑内障の患者さんに処方される点眼液と同じ成分で出来ており、高眼圧症を治療する目薬としても使用できます。

実はルミガンが誕生した経緯は薬の副作用からで、緑内障の治療を行っていた患者さんが点眼液をさした目の方のまつ毛だけが伸び、毛が太く濃くなったという訴えが上がったことが発端で、ここに目を付けた製薬会社が美容目的のまつ毛育毛剤として開発しました。

ルミガンに含まれるビマトプロストという成分がまつ毛の毛周期を促進させ、成長期が延びる作用が働くことが分かり、生まれながらに短くて細いまつ毛であっても、長く太くふさふさにすることが出来る訳です。
高眼圧症の患者さんが医師の指示通り目薬を差すと、自然と薬液がまつ毛の生え際に流れこみ、毛根にビマトプロストが働きかけることでまつ毛が伸び、一本一本が太くなることで根元の密度が濃くなっていったのでしょう。

まつ毛にも髪の毛と同じように毛周期がありますが、目をこすったり濃いアイメイクで刺激を与えすぎると、健康な毛が生えそろうまでに抜けたり切れたりすることも多いです。
そういったダメージが蓄積されていくと毛周期のサイクルに乱れが生じ、目元が寂しくなってしまいますが、ビマトプロストを与えることで毛の生えてくるスピードも上がり、成長期間が延びることで一定の長さを超えて伸びていくのです。

実際に緑内障の治療で処方される目薬には、副作用としてまつ毛が伸びることが記載されており、医薬品の副作用がまつ毛貧毛症や生まれながらのボリューム不足に悩む女性を救う副効能となったことは、女性にとってとても喜ばしい発見だったと言っても過言ではありません。

緑内障点眼薬からまつ毛美容液へ!ビマトプロスト

ルミガンはまつ毛専用の育毛剤として開発された最初の医薬品ですが、多くの女性がこの育毛剤を使ってまつ毛が太くなり伸びる結果が出ており、有効成分ビマトプロストを同じ濃度配合した後発薬も開発されるに至っています。
ジェネリック医薬品であれば安価で同じ効果が期待できる為、より手軽にまつ育ケアが出来ると評判です。

今や本気でまつ育に取り組みたい女性は、ドラッグストアなどで販売されている化粧品の美容液を使うより、製薬会社が開発したルミガンなどの医薬品を使うのが常識となっています。
美容液ではせいぜい毛に艶を与えたり、毛にコシがうまれる程度の効果しか得られませんが、医薬品であれば有効成分ビマトプロストが配合されている為、誰でも二か月程で確実に変化を実感できます。

まつ毛が太くなることで生え際の密度が濃くなれば、アイラインを引いていなくても目を縁取るように際立たせることが出来、素顔でもはっきりとした目元になれます。
まつ毛もまるでお人形のように長くなるのでもはやアイメイクなど必要なくなり、女性が憧れていたすっぴん美人も夢ではなくなるでしょう。

もちろんこの医薬品は今でも緑内障の治療薬として処方されていますが、まつ毛美容液としても保険適用外で処方してもらえます。
ただ使い方が違うだけで、育毛剤として使用するならば点眼をするのではなく、専用のアプリケーターを使って生え際に塗布します。
医薬品であるがゆえに正しく使わないと毛周期促進以外の副作用も起こり、目の周辺が黒く色素沈着してしまうことも報告されているので、生え際以外の皮膚にはつかないように気を付けましょう。

毎日夜寝る前に一度使うだけで、驚くほどのボリュームアップが叶う夢のような医薬品がルミガンです。