• ホーム
  • 本気でシミを消す方法!30代になったらはじめよう

本気でシミを消す方法!30代になったらはじめよう

肌がきれいな女性

子供や10代などの若い世代では新陳代謝も活発に行われていますので、無防備に日焼けをしてもきれいな肌を保つことができます。
とはいえ、このターンオーバーの機能も年齢とともに低下していきますので、20代、30代になると肌の回復も遅くなりシミやそばかすなどのトラブルが発生しやすくなります。

きれいな肌を保つためにもシミやそばかすの増殖を防ぐためにも、紫外線対策はしっかりと行っておく必要があります。

外出の際は日焼け止めクリームやUVカット効果のあるファンデーションなどで肌を守っていきましょう。
さらに帽子や日傘、サングラス、手袋などのグッズも有効です。
夏場は特に日差しが強いので注意が必要ですが、紫外線は年間を通して降り注いでいますので、一年中対策は行っておきたいところです。

紫外線カットはもちろん、シミを作らないためにも、すでにできてしまったシミを消すためにも、毎日のお手入れでは美白クリームなどの化粧品を利用したケアも行っておくことがおすすめです。

こうした化粧品はこれからできるシミを防いだり、すでにできているものを薄くする効果を期待することができます。

市販されている美白クリームの有効成分はプラセンタセキスやアルプチン、さらにビタミンC誘導体などがあげられます。
成分によっては刺激になる場合もありますので、まずは目立たないところで試してみることがおすすめです。

女性特有のシミでは肝斑もあります。
こちらは紫外線ではなく女性ホルモンが影響しているとされており、妊娠中や更年期などに出やすいといわれています。
境目のはっきりとしない、もやっとしたシミが頬骨のあたりに左右対称にできるのが特徴です。

肝斑の場合は紫外線でできたものではありませんので、別の対策が必要です。
最近は市販薬でも肝斑に有効とされている薬が登場しています。

市販薬は飲み薬も販売されていますが、良い改善を得るためには正しい飲み方を守ることが大事ですので、使用方法をしっかりと確認し、正しく続けていきましょう。

シミを消す美白クリームの効果は本当?

シミを消すとされる美白クリームには本当に効果があるのかも気になるところです。

まず、肌の回復にはそれなりに時間も掛かりますので、即効性を期待するのではなく、根気よくお手入れを続けることが大事です。
効果が高くても刺激が強い成分を含んだものは毎日続けることが難しいので、肌に優しいタイプを選ぶことが大切です。

美白化粧品によく配合されているプラセンタセキスは成長因子を含んでおり、新しい細胞の増殖や新陳代謝のサポートに役立ちます。
さらにメラニンの生成にかかわるチロシナーゼに働きかけメラニンの過剰な生成を抑えてくれますし、活性酸素の除去にも役立ちます。

ビタミンC誘導体も美白クリームなどによく含まれている成分で、メラニン色素の生成の抑制や色素沈着を防ぐのに役立ってくれます。
さらに抗炎症作用や皮脂の分泌を抑えるのにも役立ち、ニキビ対策にも効果的な成分です。

アルプチンはチロシナーゼの働きを阻害し、メラニンの生成を抑えるのに役立つ成分です。
安全性が高くシミの予防に良いとされています。

美白化粧品は商品ごとに配合されている成分には違いがありますので、じっくりと比較して本当に肌に合うものを選んでいきましょう。
肌質によって合わない成分もありますので、まずはサンプルなどで試しておくとより安心です。

美白クリームや市販薬はある程度の効果は期待できますが、シミを完全に消してしまうほどの力はないということは理解しておきましょう。
お手入れを続けることで、肌を良い状態に保ちやすくなりますので、根気よく努力は続けていきたいところです。

市販薬や化粧品で良い改善が得られない場合は美容皮膚科などでより強力な効果が期待できる薬も用意されていますので、相談してみることもおすすめです。