• ホーム
  • もうあきらめない!トレチノインでニキビ跡は治る

もうあきらめない!トレチノインでニキビ跡は治る

トレチノインは、人間の血液の中に少しだけ含まれる成分です。
しかし、トレチノインを肌につけることで強力なターンオーバーを促すことができ、ニキビ跡がきれいになくなります。
トレチノインをつけると表皮の細胞が増殖し、一ヶ月から二ヶ月ほどで表皮の深いところにあるメラニン色素を排出します。
メラニン色素はシミやニキビを作り出す、肌に大敵な成分です。
この成分を排出することにより表皮がメラニン色素の少ない、新しい皮膚に変わるのでニキビ跡がなくなります。

トレチノインはピーリング作用があり、夏の紫外線で傷んでしまった皮膚も元に戻します。
思春期ニキビや大人ニキビに悩まされている人は多く、かゆみが出て触ってしまうとどうしてもニキビ跡ができてしまいます。
しかし、トレチノインのピーリング作用によって、ハリのあるコラーゲンたっぷりの新しい肌に生まれ変わることができます。

トレチノインの効果は他にもあります。
毛穴の黒ずみをなくし、コラーゲンやヒアルロン酸の生成により毛穴のたるみを解消してくれます。
コラーゲンでハリのあるお肌に、ヒアルロン酸で肌の水分を保持し潤いのある肌になります。
皮脂の分泌を抑える効果もあります。
皮脂の分泌はニキビの原因となり、そのニキビを触るとまたニキビ跡ができるというように悪循環になってしまいます。
なので、皮脂の分泌を抑える効果により長くきれいな肌を保つことができます。

トレチノインの使い方はまずビタミンC誘導体入り化粧水を塗り、10~15分ほど乾かします。
その後トレチノインをつけ、さらに10~15分待ちます。
最後にハイドロキノンクリームを塗り、日焼け止めを塗ります。
3~4時間ごと日焼け止めを塗り直し、これを朝と夜2回行います。
2~6週間はターンオーバー期間でその後クールダウン期間があります。
この治療を続けることによって、ニキビ跡がきれいさっぱりなくなります。
副作用がありますがその期間を超えるときれいになるので辛抱することも大切です。

ニキビ跡がなくなったら顔の印象が変わる

ニキビ跡の有無は顔の印象が変わってきます。
多くの人は、肌のツヤやなめらかさ、潤いの感じを見てだいたいの年齢を判断します。
ニキビ跡があると、どうしても皮膚の表面にシミができてしまったりするので実際の年齢より老けて見られがちです。
しかし、ニキビ跡やシワがなくなると肌がツヤツヤに見えるので若く見られます。

ニキビ跡は顔の全体の印象を暗くしてしまうことがあります。
ニキビを隠そうとして前髪を下ろしてしまうとさらに暗い印象になります。
顔がニキビにより赤みがかったりしてしまうことも印象を暗くする原因になりかねません。
一方、ニキビ跡がなくなると全体の印象が明るくなり、清潔に見えます。
就活の時など面接があると良い印象を与えたいと思います。
その時、ニキビ跡の有無は第一印象をどのようなものとするかに大きな影響を及ぼします。

ニキビが出るということは皮脂の過剰な分泌が予想されます。
そうなると、顔の皮脂によるてかりやベタつきがどうしても気になってしまいます。
しかしニキビ跡をなくしニキビの体質を改善することでそうした問題も解決することができます。
肌がサラサラしていると、とても清潔に見えます。
実際、ニキビ跡が気になり、直そうと何度も日々奮闘している人も少なくありません。
70%ほどの人がニキビが気になっています。
ニキビ跡をなくすことは自分に自信を持つことにもとても良いことです。

このように、ニキビ跡の有無は顔の印象にとても影響を与えます。
ニキビ跡を改善することにより、きれいな、潤いのある肌を得ることができ、明るい印象を与えることができます。
ニキビの治療は時間のかかるものも多くありますが、あきらめず地道に治療していくことが大切です。