• ホーム
  • あなたのシミ、ハイドロキノンで消えるかも?

あなたのシミ、ハイドロキノンで消えるかも?

肌の悩みといえばシミや小じわ、乾燥やくすみという方が多いのではないでしょうか。
夏の強い紫外線にあたるだけでもメラノサイトが活性化して、日焼けから薄いシミになってしまうことがあります。
これだけに限らず、肝斑や頬のそばかすなども気になる悩みです。
実際に目元の肝斑は、いくら厚くファンデーションを塗っても目立ちます。

そんな頑固なシミや肝斑に効果をもたらす成分がハイドロキノンです。
ハイドロキノンは、美容外科で処方される薬や市販の化粧品などから取り入れることが出来ます。

美容外科の場合は、ハイドロキノンの塗り薬だけではなく、専用のマシンを使った施術も行っています。
湘南美容外科でのハイドロキノンの料金は、5gで7,020円です。
このクリームは、肌の漂白剤のような作用があることから、肝斑やそばかすに効果があります。

日ごろ美容外科へ足を運ぶ時間が限られている場合は、ラグジュアリーホワイトの化粧品がお勧めです。
クリニックの女医さんが開発したこの美白化粧品は、シミや肝斑が気になる箇所に軽く塗るだけという簡単なホームケアで肌の漂白剤のような効果が期待できます。
クリームがメラノサイトに作用して、肌のバリアを強くしてくれることから、夏の紫外線対策で人気を博しています。

上記のラグジュアリーホワイトは、独自の新安定型ハイドロキノンを配合する化粧品です。
朝と夜に塗るだけで24時間美白効果を維持することが出来ます。
顔を洗ってから化粧水の次に顔全体に馴染ませるだけで、使い方も簡単です。

2014年から2016年のモンドセレクション金賞を獲得している商品ですから安心して使えるのもポイントです。
公式サイトからラグジュアリーホワイトのトライアルキットを購入する場合、初回限定価格の税込1,890円で、送料・手数料共に無料で届けてくれます。
また、次回の買い物で使える1,000円のチケットがもらえるようです。

代金の支払いに関しても、コンビニ払いやクレジットカード払いのほか、ウォレットも使えますので興味がある方は気軽にご利用ください。

シミと肝斑の違いは?種類別の対策法

シミやしわは女性が気になりがちな悩みです。
この肌トラブルがあると、顔全体のトーンがくすんで暗い印象になります。
真夏はいくら厚めにUVクリームを塗っても完璧な紫外線対策とはいえません。
クリームの使い方によっては、逆に日焼けでシミトラブルが起こることがあります。

そんなシミと似ているものに肝斑があります。

シミというのは、メラニンの蓄積によって肌がくすむようなことです。
肌が紫外線にあたってメラノサイトが活性化すると発生します。
簡単に言うと日焼けのことを指しており、メラニンの蓄積によって肌のターンオーバーが乱れて起こるものです。
このトラブルは、紫外線対策やターンオーバーを正常化させることでシミを薄くすることが出来ます。

夏の強い紫外線を遮るためにも、UVクリームをマメに塗ったり、日傘や帽子を併用することが肝心です。
また、ハイドロキノンが配合された化粧品やビタミンCのサプリメントを摂取するのも効果があります。

次に気になる肝斑は、右と左の同じような箇所に出来るものです。
こちらは30代から40代の女性に多い肌トラブルのようです。
ピルを飲んでいる妊婦さんに多いという説もあります。
この肌トラブルに関しては、無駄なストレスを溜めないように気を付けることが肝心です。
より気になる場合は、美容外科を活用する方法があります。

湘南美容外科でシミのレーザーに掛かる料金は税込8,100円です。
肝斑の場合は、独自のレーザーやイオン導入で施術をしています。
この独自のレーザーの料金は、全顔で初回税込7,500円、頬だけの場合は2,800円です。

初回のカウンセリングでは、ドクターがシミや肝斑の状態をチェックしてからプランニングをしてくれますので気軽に相談してみてください。