顔を心配する女性

ルミガンは近所の薬局やスーパーなどでは販売されていません。
なので病院やクリニックで処方してもらうか、通販を通して海外から個人購入するかになります。
通販で購入する場合、かなりお得です。

しかし通販で入手する場合、ニセモノに注意する必要があります。
しっかり、自分の購入しようとしているサイトが安全なものか確認してから買うことができます。
同じルミガンを購入するにも仕方によって価格が変わってきます。
よく考えて、購入する必要があります。

ルミガンの価格を通販と病院で比較

ルミガンを病院やクリニックなどで処方してもらう場合、一つ12000~15000円と合わせて診察料が必要になります。
病気で診察してもらう場合、保険が適用されますがルミガンなど美容目的で診察する時は保険が適用されません。
なので、価格が高くなってしまいます。
一方、通販でルミガンを購入する場合は、一つ2000~3000円で購入できます。
医療機関で診察するときと比べて3分の1くらいの価格で買えます。

ネットで購入すると色素沈着が起きたりするのではないかととても不安で使用をやめる人も多くいます。
しかし、病院などの医療機関で渡されるルミガンと変わらないのできちんと効果があります。
同じものを買うので出来るだけ安く済ませたいという方は通販で購入することがオススメです。

ルミガンの通販には海外のものもあり、危険なサイトが混じっている可能性があります。
悪質なサイトから購入してしまうと詐欺にあい、大変なことになります。
よく知られている有名なサイトや口コミを調べて購入することができます。

医療機関で購入しようと思っている場合、ルミガンを扱っている病院やクリニックを探さなければなりません。
美容系クリニックならどこでも扱っているというわけではなく、むしろ、ルミガンを扱っているところは稀と言えるかもしれません。
自由診療を行なっているところで診察してもらうことができます。
現在、クリニックを通院している場合は先生に聞くことで知ることができるかもしれません。
しかし、ネットで探す方が早い場合もあります。
クリニックでルミガンと検索するとすぐに取り扱っているところが見つかります。

医療機関でルミガンを購入する場合にも、それぞれの場所で価格が大きく違ってきます。
安いクリニックだと診察込みで5000円くらいでですが高い場所では15000円くらいします。
通販の方が安いとはいえ、診察もして欲しい時は、同じクリニックでも価格が変わってくるということを覚えておくととても役立ちます。

やはり、もっとも安い値段で購入したい人は通販で購入する方が良いかもしれません。
同じ商品で価格がだいぶ変わってくるので出来るだけ安いルミガンを探し、安全なサイトから購入することができます。
どの商品が一番良いかじっくり考えてよく見極めることでお得な購入方法や、自由診療を扱っている医療機関であれば、良いクリニックや病院を見つけることができます。

ルミガンの効果と作用

ルミガンを使用することにより、まつげが濃く、長く、太くなります。
使用した80%の人が効果があり、まつげの育毛剤として立証されています。
なぜが長くなるのかというと、毛周期における成長期の延長を促す効果がある成分が入っているからです。
そして、休眠状態にある毛包の刺激によりまつげを太くし、メラニン合成の活性化によりくっきり濃くすることができます。

効果を感じられるのは、1日一回塗布して個人差がありますが、だいたい二ヶ月かかると言われています。
効果を継続させるには、ルミガンの使用を継続する必要があります。
実際に、伸びたとか毛がない部分からも生えてきた、一本一本が濃くなったという口コミが増えてきています。
副作用がありますが、副作用を超えた時にとても大きな効果が期待できます。

副作用としては、目の充血、色素沈着やかゆみ、多毛化が挙げられます。
敏感肌の人は特にかゆくなったり荒れてしまうケースもあるので、そのような症状が見られたらすぐに使用を中止します。
多毛化はまつげ以外にも薬液が付着してしまったところから生えるという副作用があります。
気をつけて塗るべきです。

ルミガンを使用するにあたって、オススメできる人とできない人がいます。
まつげが傷んでいる人やまつげを伸ばしたい人、ボリュームが欲しい人です。
お化粧をしなくてもナチュラルで存在感のあるまつげをする手に入れたい人もオススメです。

オススメできない人は、敏感肌の人や目の病気の人です。
敏感肌の人は、赤みやかゆみ、肌荒れを起こす恐れがとても多くなってしまいます。
絶対に使用しないように気をつけます。

色素沈着を防ぐために、ワセリンやクリームをまつげの周りに塗ることができます。
塗布したあと、余分な薬液を軽く拭き取っておくと充血防止になります。
薬液をつけ過ぎることは副作用につながるので一滴の用量を守って使用することで副作用を抑えることができます。

ルミガンは今まで長さやボリュームが気になっていた人に大きな効果があります。
濃く・長く・太くしてくれるので美しい目になります。
自分の期待以上の効果によりとても満足感を抱くことができます。
まつげをもっと美しくしたいという人はルミガンを使用することでボリュームいっぱいの目立つように仕上げることができます。

ルミガンの使用方法と効果が出るまでの期間

ルミガンの使用方法はとても簡単です。
クレンジング洗顔で清潔な状態にし、色素沈着防止のためにまつげの周りにワセリンを塗ります。
その後、ブラシや綿棒などの先にルミガンを一滴だけつけ、充血防止のために目に入らないようにするためにまつげの根元につけます。
余分な薬液はティッシュで軽くふき取るようにします。
薬液の量を間違えてしまうと、副作用を引き起こしてしまうのできちんと決められた量を使用することが大切です。

ルミガンを使用するにあたって注意点があります。
ブラシや綿棒は使い捨てで毎回新しいものにします。
また、コンタクトを使用している場合は薬液を塗ってから15分以上あけてからコンタクトをします。
アイラインを引くように生え際をなぞりながら塗るということも気をつけなければなりません。
他の場所に薬液が付着してしまうと多毛化によりたくさん毛が生えてしまうことがあるのでよく注意して塗る必要があります。

ルミガンを塗るタイミングは夜がオススメです。
それは、メイクを落とした清潔な素肌になるのが最も安全だからです。
朝の洗顔の時に塗るのはとても危険です。
メイクをした時にその刺激で色素沈着が進行してしまう場合があります。
薬液を塗った部分に刺激を与えると、色素沈着が進んでしまうので、出来るだけ刺激を与えないようにするべきです。

薬液がまつげの生え際からはみ出してしまった場合、きちんとティッシュで拭き取ります。
もしも副作用やかゆみなどの症状が続くのであれば、いったん使用を中止し、医師に相談することができます。

ルミガンには専用のアプリケーターが入っていません。
よってその代用となるもの、細いアイライナーブラシや紅筆などを事前に用意しておく必要があります。
衛生的に必ず使った綿棒は捨て、次は新しいものを使います。

綿棒で代用する時は薬液を吸収してしまうのでオススメできません。
効果の出る用量は、決められています。
なので吸収してしまうと薬液がもったいなく、効果が期待できなくなるかもしれません。
1日一回、片目一滴というのを守り、ゆっくりと時間をかけて使用します。
使用期間がとても長いことからもゆっくり効果を待つ必要があることがわかります。
まつげは焦らずじっくりたくさんの期間をかけて育成していく必要があります。